« 猫の鳴き声の二重唱 ロッシーニ | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル エリック・サティの3っのジム・ノベディ »

ソフトバンク、ホワイト犬 「お父さん」(カイとネネ)CMに流れるあの曲

バッハのカンタータはおよそ220曲が後世に伝えられている。このカンタータは、メロディーの宝庫だ。教会音楽長として、日曜日、祝日に礼拝におとづれる信者のためにカンタータを作り続けたのだ。しかし、まさか、この曲がソフトバンクの白犬と競演するとは思わなかった。

J.S. バッハ  JOHANN SEBASTIAN BACH (1685-1750)
「目覚めよ、と呼ぶ声あり」 BWV 140
Wachet auf, ruft uns die Stimme, BWV 14001. Wachet auf, ruft uns due Stimme (Chorus)

01. Wachet auf, ruft uns due Stimme (Chorus)

CMで使われているのは、カンタータ「目覚めよ、と呼ぶ声あり」 BWV 140の第一曲目であるが、
このカンタータでもっとも有名なのは、第四曲目のこのコラールである。
これは、誰もが、一度は耳にしたことがあるだろう。

04. Chorale: Zion hort die Wachter singen (Tenor)

 BWV 140はバッハのもっとも有名なカンタータであり、作品の完成度も高いと言われる。
最後の7曲目のコラールまで、聴衆をあきさせずに聴かせるため、バッハは様々な工夫をしている。
たとえば、1曲目と7曲目を聞き比べてほしい。別な曲に聞こえるが、良く聴くと、コーラスは同じメロディーなのである。1曲目に軽快な伴奏をつけていて、最終曲のメロディーがゆったりと流れているのだ。気をつけないと同じ曲とは思えないが、しっかり耳に残っていて、最後の曲をスムーズに迎えいれられる。作品全体の統一性がとれていて、礼拝の最後のコラールが、感動的にしめくくられるのである。
 

|

« 猫の鳴き声の二重唱 ロッシーニ | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル エリック・サティの3っのジム・ノベディ »

バッハ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、ホワイト犬 「お父さん」(カイとネネ)CMに流れるあの曲:

« 猫の鳴き声の二重唱 ロッシーニ | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル エリック・サティの3っのジム・ノベディ »